記事検索
 

2005年09月08日

ノーラ・ロバーツ 

言わずと知れたダニエル・マクレガー「狸親父」の生みの親。多作な作家さんですから、マクレガーシリーズのほかにもいろいろなシリーズがあります。真夜中のヒーローシリーズも私好み。シリーズもの作家さんの特徴といえば、舞台がアットホームなところ。兄妹、親子、親戚・・・その関係が頭に入るころには、あなたもすっかりノーラファンになっていることでしょう。話は戻ってマクレガー一族ですが、ブタちゃん&いちご・アランの魅力最高!でもレナにべたぼれジャスティンも捨てがたい。この2人に代表されるような、包容力溢れるやさしいヒーローといえばノーラ。一方、ニヒルで謎めいた男もいいんですよね。えっ、誰のことって、それは実際に読んでみてください。




クロネコヤマトのブックサービス
電子書籍で今すぐ読むeBookJapan
話題の本、人気の雑誌など、フェアを開催中!セブンアンドワイ
ビーケーワンboople.com本の検索古本市場古本の店 リサイクルブック
posted by 館長 at 02:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作家紹介 番外編 | Edit

スーザン・ブロックマン

「危険を愛する男たち」シリーズで有名な作家さん。シルエット・ラブストリーム(愛の流れ)をラブストーム(愛の嵐)と長らく勘違いしていた私。愛の嵐のように激しい恋というわけね・・・なんて1人で納得しながら読んでいました。なにしろヒーローは海軍シール部隊の男たち。ということで、ヒーローはもちろんステキですが、ヒロインの魅力もそれに負けてはいない。とても印象的な女性が大挙しています。





クロネコヤマトのブックサービス
電子書籍で今すぐ読むeBookJapan
話題の本、人気の雑誌など、フェアを開催中!セブンアンドワイ
ビーケーワンboople.com本の検索古本市場古本の店 リサイクルブック
posted by 館長 at 02:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作家紹介 番外編 | Edit

ダイアナ・パーマー 

彼女のお名前も私には懐かしい名前でした。今や大大人気で、とてもじゃないけど、私ごときが何か言えるような存在ではないわ。といいつ、私の感想を・・・。実は彼女の場合は、非常に困惑しました。なんでこんなに人気なんだろう・・・。確かに悪くはないけど、でもどうしてこれほど人気なんだろう。なんだかわかったようでわからないダイアナ・パーマー。とても特徴的な(←この含み、わかりますか?)ヒーロー&ヒロインが、これでもか、これでもかと登場してくるところがファンの心を離さないのかもしれません。

ダイアナのヒーローは「尊大」と言われているようですが、確かに言われてみればその通り。あまりにぴったりの表現に思わずにんまりしてしまうほど。テキサスの恋シリーズが有名ですが、私は謎の「超」尊大ヒーロー、Mr.アーメド(L632「誓いのティアラ」)登場するミニシリーズをお勧めします。ヒーローとヒロインの会話に笑いをこらえるのが大変でした。




クロネコヤマトのブックサービス
電子書籍で今すぐ読むeBookJapan
話題の本、人気の雑誌など、フェアを開催中!セブンアンドワイ
ビーケーワンboople.com本の検索古本市場古本の店 リサイクルブック
posted by 館長 at 02:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作家紹介 番外編 | Edit

リンダ・ハワード 

「悲しい悲劇」「もう一度愛して」私は確かにこれらリンダ初版本を持っておりました。もう何年も昔のことです。当時ロマンスコレクターであった私は、薄めですっきり、丸枠に絵というお決まりのHQロマンス以外はすべて古本屋行き。でもって、○年ぶりに再会したリンダはすっかり大変なことになっていました。あの一冊10円か20円で手放した(今となってはそれすら覚えていない)リンダ本の数々はファン憧れのプレミア本に。

ウソでしょ、うそ〜。私ってば目がなかったのね・・・という愚痴はおいておいて、さてマッケンジーシリーズ。初期本時代の読者としてはこのシリーズは比較的最近作。噂は大変なものでした。もちろん手に入れるのも大変でした・・・といいたいところだけれど、なんと近所の古本屋で100円!うわ〜お!これで少しは損を取り戻したぞ!ということではりきって読みました。・・・・納得☆☆☆ええなあ・・・。父ちゃんええや・・・・。でもって、息子たちも・・・。

まあ、私の無駄話はこの辺で、是非読んでみてください。最近は今ご紹介の作品はじめ、どどっと再販されましたので、往年の名作が手軽に手に入るようになりました。




クロネコヤマトのブックサービス
電子書籍で今すぐ読むeBookJapan
話題の本、人気の雑誌など、フェアを開催中!セブンアンドワイ
ビーケーワンboople.com本の検索古本市場古本の店 リサイクルブック
posted by 館長 at 02:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作家紹介 番外編 | Edit

デボラ・シモンズ 

いまさら説明するまでもない、ハーレクイン・ヒストリカルの人気ナンバーワン作家。しばしのブランクで“ヒストリカル”なんてシリーズがでていることも知らなかった私には、「えっ?!えっ―?え?」という驚きではじまったキャンピオン一族との出会い。「狼を愛した姫君」・・・なんてタイトルだけでも刺激的(笑)。今でこそ復刻版がでたので読みやすくなりましたが、その値段に一時はほんと、どうなることかと思いました。私のお気に入りは「魔性の花嫁」、ニコラス・キャンピオン。う〜ん、素敵、すてき、ステキ。




クロネコヤマトのブックサービス
電子書籍で今すぐ読むeBookJapan
話題の本、人気の雑誌など、フェアを開催中!セブンアンドワイ
ビーケーワンboople.com本の検索古本市場古本の店 リサイクルブック
posted by 館長 at 02:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作家紹介 番外編 | Edit
boople新刊予約バナー120X60ブックサービスバナー 10000051
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。