記事検索
 

2006年01月20日

R1389 情熱の傷あと

4833513897情熱の傷あと―忘れえぬ絆〈2〉
ヘレン ブルックス Helen Brooks 駒月 雅子
ハーレクイン 1998-05

by G-Tools

親友のグレイスが双子を出産することになり、手助けのためにクレアはイタリアに来た。グレイスの夫ドナートが空港に出迎えてくれるはずだったのに、現れたのはドナートの義弟で、目がくらみそうなほどにハンサムな、精悍で苦みばしった男性ロマーノだった。ロマーノは初対面から皮肉っぽい言葉や態度でクレアをいら立たせた。なんという高慢な人なのかしら。どきどきするわたしがおかしいのよ。その後、ロマーノを知れば知るほど、彼ほど危険な男性はいないことがはっきりしてきた。彼は断言している―愛など幻想だ。絵空事にすぎないんだよ。きっと、亡くなった美しい妻を忘れられずに、心を閉ざしているのだ。こんな人を愛しては絶対にだめ。クレアはよくわかっていたのだが…。





電子書籍で今すぐ読むeBookセブンアンドワイクロネコヤマトのブックサービス
ビーケーワンboople.com本の検索古本市場古本の店 リサイクルブック
posted by 館長 at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | R1300〜R1399 | Edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
boople新刊予約バナー120X60ブックサービスバナー 10000051
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。